嘘でしょ!オス馬はほとんどが左利き

動物雑学

嘘でしょ!オス馬はほとんどが左利き

◎簡単に性別がバレバレ

オス馬は左利きで、メス馬は右利きがたくさんいるという説があるんだそうです。

実はこの事を提唱した研究者がアイルランドにいたんです。
そこをなぜ気にしたのかは謎ですが(笑)

研究者は調教を受けていない馬を集め、歩き始めるときにどちらの足を先に出すのか、そして横たわって眠るときはどちらの足を下にするのかを観察したんです。

そしてその結果、大半のメスは右を選び、大半のオスは左を選んだそうです。反対を選ぶ馬は10頭に1頭ぐらいしかいなかったみたいです。

競走馬であるサラブレットの世界は利き脚に応じた走法があります。「右手前」「左手前」といって、先に右足か左足かを出して走る方法です。

これは、上手にコーナリングするためには大事なポイントで、レースが終わった後に、厩舎のコメントに手前を変えられなかった。などとあります。つまり右利きで右足から先に前に出るのに右に曲がるコースを走っていることになり、想像してみても曲がりづらい。

調教で改善されるが、馬は生まれたときから右回りのコースに強い馬、左回りのコースに強い馬がいます。

さらに別の方法でも知ることが出来る

アイルランドの研究者たちは、馬の利き脚を知るために、別の方法も発見しています。

それは、馬の額にあるつむじの方向を見るとわかり、右利きのうまは時計回りのつむじが多くあり、左利きの馬には反時計回りのつむじが多く見られるということです。

これは競馬好きの人であれば、つむじをみて、コースの右回り左回りを確認したら、コースの適正があるかないかなど分かるかもしれませんね!

出典 http://portal.nifty.com

この写真の馬は右巻きつむじで、メス馬でしょうか!?

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ